サイバー空間とフィジカル空間が融合された都市"スマートシティ"。この実現に向け、産総研では、例えば3Dマッピング技術に時間情報を統合し、そのうえで、人・物・モビリティの移動や状態を把握することで、サイバー空間上にフィジカル空間を再現しようと、さまざまな実証実験や関連技術の研究開発に取り組んでいる。
​​​​​​​​​​​​​​
https://www.riken.jp/pr/closeup/2021/20210913_1/


© Stylelinkage.com management by SAKURA planning,Inc